無銘鍛冶

無銘鍛冶
1999年11月結成。前身、演劇集団アコースティック・アライヴの主宰、酒井徹によって、「芝居よりも殺陣」「カッコ良いかつ安全な殺陣」を追求するべく誕生した。現在は月4回の定期稽古の他、各学生演劇団体への出張稽古を行っている。

メンバー

  • 代表・師範  酒井徹
  • 師範代  吉岡勝
  • 師範代補佐  佐藤和明

「無銘鍛冶」とは

「無銘鍛冶」とは、代表の酒井曰く、「銘の入っていなくても、銘刀と同じ位鋭さと切れ味を持った刀のような殺陣」を作るという心意気を込めた名前である。団体の公演の他、外部団体の殺陣の振り付けも行っている。以前、息吹のユニット・Favorite Banana Indiansでも殺陣をつけてもらったことがあった。この時は、出演者の殆どが殺陣は初体験であったため、所作を一から指導していただいた。とても丁寧な指導だったのを覚えている。

mumeikaji02

酒井自身も、学生時代から時代物(主に新撰組に関するもの)が大好きで、役者の素養のひとつとしても殺陣をやりたいと思い、始めたという。その殺陣への思いの強さが、殺陣中心の集団(ユニット名は「エアリズム」)の創設に繋がった。
「アコースティック・アライヴの時は、皆さん役者なので、芝居を見せたいから、芝居の練習がしたい、殺陣の稽古はそんなにやらなくていいんじゃないかというご意見をずっといただいていた。そのへんが自分の中でずっとモヤモヤしていた。無銘鍛冶にしてからは、殺陣の練習はきっちりやる、その上で芝居の練習をやる。殺陣を主体にするユニットとして立ち上げたので、殺陣ができなきゃどうしようもないでしょう、と。」
2001年の第1回公演「鞍馬天狗異聞」(アゴラ劇場)から、一貫してそういう方針で臨んでいる。芝居の中に殺陣が入るのではなく、殺陣を効果的に見せるために芝居がある、という位置付けだろうか。

トータルで1000人以上の指導

また、先に書いたように、無銘鍛冶としての公演の他に、他の劇団や高校・大学の演劇部などの公演の殺陣の振り付けや指導も行っている。学校の方は、長いところでは10年以上にわたっており、劇団は名の通った劇団から小劇場まで、トータルで1000人以上にはつけているという。
外部の団体の場合、すぐにお手本の型の通りにはできないことが殆どなので、まずは基本の所作から教えることになる。となると、当然問題になるのは、殺陣にどのくらいの稽古時間を割いてもらえるのかということになるが、大抵の団体は、殺陣を作るのにある程度のまとまった時間がかかるという認識がない。本来は、殺陣稽古はダンスの稽古と同じく、演技部分の稽古とは切り離して時間をとるべきで、そうすることで完成度も上がる。しかし、なかなかそうもいかない場合も多い。圧倒的に限られた時間と、役者の殺陣のスキル、そして演出が見せたい方向性という条件の中で、いかに格好良く見える殺陣を作るかが、腕の見せ所というわけだ。

無銘鍛冶の殺陣へのこだわり

無銘鍛冶の殺陣へのこだわりは、細部にも及ぶ。例えば、登場人物の性格や剣の腕、経験等によっても、刀の振り方は当然違う。これを意識して殺陣を作る団体はあまりないと思われる。しかし、無銘鍛冶は、振り方は勿論、刀と刀がぶつかり合う音(SE)の違いにまでこだわるのだ。今や殺陣入りのエンタメの代表格である新感線の殺陣も、ただ綺麗に、格好良く見えるように振っているだけだと、酒井の目には映るようだ。
「殺陣主体」というのは、殺陣のシーンがたくさん入っているというだけではなく、「殺陣による演技・表現」を追究する、より本格派の、殺陣の奥深さを体感できるような作品であるということなのである。

何より無銘鍛冶が重視する「安全」

そして、何より無銘鍛冶が重視するのは「安全」だ。これまで自主公演は勿論、無銘鍛冶が殺陣をつけた団体で、けが人は一人も出ていないという。これは大きな実績だ。
「殺陣は安全が重要なので、それに気を付けつつ、格好良く見せるということの両立に重点を置いてきた」
怪我をしない・させないように、常に相手のことを考える。それも無銘鍛治の殺陣指導のポイントだ。
酒井が前に所属した団体で、実際に殺陣でけが人が出て、公演に支障が出る寸前までいく事態になった苦い教訓を踏まえてのことである。最大のリスクである怪我を回避し、それでいて安パイを踏まずに格好良い殺陣ということを常に意識しているそうだ。

定期稽古には、ホームページを見て応募してきた人や、高校・大学の演劇部員等が参加しているが、殺陣は無経験という人が殆どだそうだ。その中から、無銘鍛冶の公演に出演する人もいる。
「(稽古に)参加すると、必ず一皮むける。稽古でこつこつ積み上げてきて、本番になると、ずっと殺陣をやって来た人に追いつく人もいる」
「稽古を続けて、無銘鍛冶の自主公演にも出ると、基本も見せ方も両方できるようになる。そういう人が一番強い」
殺陣ができるというのは、役者にとってはひとつの武器だ。特に、女性にとってはかなり強力なものとなる。殺陣ができるということで、主要キャストに抜擢されることもある。殺陣は危険だと敬遠する女性も多いが、先にも書いたように、無銘鍛治の稽古は怪我の心配がない。その点では安心して稽古に参加でき、確実にスキルを身につけることができる。

無銘鍛冶はレッスン料

ただ、殺陣は2、3時間やればものになるというものではないので、ある程度の期間は稽古に通い続けることが大事だ。その場合、気になるのはお金の面だが、無銘鍛冶はレッスン料がかなりリーズナブルであるのが嬉しい。一般は1レッスン1500円、学生は1000円。週1回1ヶ月通っても6000円である。月謝制ではなく、行った回数分払う方式であるのも有難いところだ。その辺りも、レッスンを受ける方の立場に立つ、「相手を考える」という無銘鍛治の殺陣の姿勢と繋がっている。習う方から見て、コスパは非常に高いといえるだろう。

待望の新作の上演を予定

無銘鍛冶は、これまで5回の公演を行ってきているが、近々、待望の新作の上演を予定している。酒井の脚本で、新撰組で明治まで生き延びた永倉新八の回顧録的な内容になる予定だ。そして、今度は殺陣を抑えめにするという。つまり、演技(ドラマ)の部分も重視する内容になる。これまでとは少し違った、無銘鍛冶の新しいスタイルの舞台が見られるだろう。今から楽しみである。

無銘鍛治の殺陣には、殺陣を愛するが故のこだわりと、確かな技術に裏打ちされた独特の重厚さとスピード感がある。また、最近、殺陣の稽古中の役者の死亡事故が起きている。安全第一は殺陣の基本だ。その点も無銘鍛治はしっかりと押さえ、活動の中心に据えている。一から殺陣を習得したい人にも、より高いスキルを身に付けたい人にも、安全でスキル的に無理のない、でも格好良い殺陣を入れたい演劇団体にも最適の殺陣集団だ。
勿論、自主公演も見所満載である。
是非一度、無銘鍛治の殺陣を体感して欲しい。そして、もしあなたが役者なら、その殺陣を体現できる力を身につけてみて欲しい。きっと殺陣のある舞台には欠かせない存在になれるだろう。

無銘鍛冶ウェブサイト

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です