平成28年度船橋市中学校演劇部夏の発表会

平成28年度船橋市中学校演劇部夏の発表会

2016年8月4日・5日

船橋市民文化ホール

平成28年度船橋市中学校演劇部夏の発表会

船橋市内の中学校の演劇部が、日頃の活動の成果を披露すると共に、他校の舞台を見て交流を図る発表会が8月に開催された。今回は30周年記念大会ということである。これだけ長い期間続いてきたというのは,なかなか凄いことだ。それだけ各校の演劇部は活発に活動しているというわけである。

発表会は毎年春・夏・冬の3回行われている。夏の発表会は1年・2年・3年の部員が勢揃いするので、3回の中ではおそらく最も活気とエネルギーに溢れた大会なのであろう。

 

参加校は船橋市内の中学校8校と松戸市から1校、合わせて9校である。

 

 

1日目は6校が上演した。

 

トップを飾ったのは、葛飾中学校「ヤマタノオロチ外伝」(作:亀尾佳宏)。寓話のような世界観の作品で、冒頭や途中途中での集団演技のシーンが圧巻。舞台上にヤマタノオロチを象徴する赤い布を吊るなど、舞台装置も凝っていて、難しい脚本を自分たちの表現に変える力を感じた。

宮本中学校は「ジョーカー」(作:原田萌・熊手龍久馬)。トランプたちが人を幸せにすることで自分達も変わっていく姿を通して、前向きに生きていこうとしている演劇部員たちの姿勢が見えた。随所に挟まる大人や夢に対する今の中学生のリアルな視点も面白かった。

昼食休憩を挟んで、前原中学校「アニータ・ローベルのじゃがいもかあさん」(作:土田峰人)。ナチス支配下のユダヤ人たちという、現代の中学生からはかけ離れた物語を自分たちのものとしてしっかり演じていた。役のキャラクターがはっきりして見やすかった。劇中の歌のメロディは部員が鼻歌で歌ったものだそうである。

松戸第一中学校の「修学旅行」(作:畑澤聖吾)は小劇場で上演されそうなシチュエーションコメディ。身近な題材だけあって、各人のキャラが際立つコミカルで等身大の演技は笑いを誘っていた。しかし、通奏低音のように流れる不協和=戦争・紛争に繋がるメンタリティもしっかり掴んでの作品作りは見事だった。

法田中学校の「広くて素敵な宇宙じゃないか」(作:成井豊)は、アンドロイドのおばあちゃんという近未来の設定でありながら、時代を超えて変わらない家族の絆を描いた舞台。セットも大がかりだったし、劇中に挟まれるダンスシーンが、大人数でレベルが高く圧巻だった。声量がほぼ均一で聞きやすかったのも見逃せない。

1日目の最後は海神中学校の「Fairy tale 〜welcome to Neverland〜」(作:小森世菜)は部員の創作脚本である。白雪姫とピーターパンという2つの童話の世界を繋げて、新しい世界に出て行こうとする主人公の心の動きを描いた。中学校という場所から巣立っていく生徒たち自身の不安と希望が伝わってきた。

 

2日目は3校の上演である。

 

御滝中学校は「アニータ・ローベルのじゃがいもかあさん」(作:土田峰人)を上演。1日目の前原中学校と同じ演目である。学校演劇の発表会では時々こういうことが起きるが、それもまた楽しみの1つだ。御滝中の解釈・演出で上演された舞台は、前原中のものとはまったく違った印象を与えるもので、コメディの要素がはっきり入っていて面白かった。また、ピアノとトランペットの生演奏があったのも印象的だった。

千葉日本大学第一中学校の「男でしょっ!」(作:一宮高志)は女子校に男子生徒が入ってくることによって起きる日常の変化を描くスラップスティックコメディ。女生徒の描写が非常にリアルで、女子のバイタリティーに押される男子という現代の中学生の構図をコミカルに見せて、楽しい仕上がりになっていた。

大会のラストを飾ったのは、船橋中学校の「夜空の虹」(作:山崎陽子)。キーボードとバイオリンの生演奏が入るミュージカル仕立ての舞台だった。静謐でファンタジックな世界観の中にダンスが入り、観客を物語り世界に引き込む。ラストの合唱の歌声は美しく、余韻が残った。

 

2日間で9校の舞台を見て率直に感じたのは、想像以上にレベルが高いということだった。どの学校もみな作品の世界観やテーマを的確に掴み、それを自分達の独自の感性で表現していた。日頃、楽しみながら、真摯に、そして前向きに活動に取り組んでいるのが伝わってきたし、チームワークの良さも分かった。

彼等・彼女等の舞台を見ていると、そのエネルギーと瑞々しさが眩しく見え、見ている方もすがすがしい気持ちになる。そして、元気を貰える。中学生が今考えいることや悩んでいること、等身大の姿を生で楽しみながら見ることができるのだ。こんな素敵な行事があるとは、地元に暮らしていながら今まで知らなかったことが勿体なく感じられた。

部員たちの活動を陰になり日向になり支えている先生方や親御さんの存在も大きい。この発表会の舞台は、そういった人達が1つになって、力を合わせて作り上げたものである。文化・芸術に対する理解と、生徒たちの成長を温かく見守る学校と家庭・地域の存在があればこそできる活動である。

この発表会を通して、改めて演劇の素晴らしさと、青春を謳歌する中学生の躍動し、輝く身体と魂の鼓動のようなものを感じた。もっともっとたくさんの人にこの舞台を「体感」して欲しいと切に思う。大袈裟でなく、これは船橋の、そしてこの国の宝物といっていい。

 

先に書いたように、中学校演劇部発表会は年に3回行われている。是非、元気で魅力的な中学生の舞台に触れるために、足を運んでいただきたいと思う。きっとそこには豊穣な時間が流れているはずだ。